1.不倫相手への慰謝料請求におけるよくある反論

離婚をするかは別として、夫の不倫相手に妻が慰謝料を請求するというケースはしばしば起こり得ます。
こういった時に、不倫相手が全面的に認めることもあると思いますが、弁護士に相談に来られるケースでは何らかの理由で不倫相手が慰謝料の支払いに応じないから相談に来られたという場合も多いように思います。
典型的な相手からの反論は、

  1. 不倫はそもそもしていない
  2. 肉体関係はあったが、既婚者だと知らなかった
  3. 夫側から、もう妻とは関係が破綻していると聞いていた

という3つが挙げられます。

これら3つの反論はいずれも慰謝料の請求が裁判で認められるために、請求者側で相手の主張が虚偽であると裁判官に思ってもらえるように、積極的に主張立証していかなくてはならない論点となってきます。

また、上記とは別に、慰謝料を支払うとしても、不倫の回数や期間については請求者側の主張を争ってくるというケースもあり、こうした点は主に慰謝料の金額に影響するポイントとなります。

このように、不倫相手への慰謝料請求においては、複数の争点が生じることがあるため、どれだけ有力な証拠があるかなどが重要となる場合があります。

その他の関連コラムはこちら

弁護士相談申込み

面談受付時間

平日・土日・祝日 9:00~21:00

03-6427-5466

電話受付(営業)時間

平日 9:00 ~20:00

面談は完全予約制

ご予約で以下の対応が可能

  • 時間外相談
  • 当日相談
  • 土日祝日相談

24時間受付中

時間外の受付は原則翌営業日の午前中にご返信

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

弁護士相談申込み

面談受付時間

平日・土日・祝日 9:00~21:00

03-6427-5466

電話受付(営業)時間

平日 9:00 ~20:00

24時間受付中

時間外の受付は原則翌営業日の午前中にご返信

面談は完全予約制

ご予約で以下の対応が可能

  • 時間外相談
  • 当日相談
  • 土日祝日相談
お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。
主なお客様対応エリア
上記にお住まいまたは勤務されている方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス